亡くなったとき

被保険者や被扶養者が死亡したときは、その遺族に「埋葬料(費)」が支給されます。

埋葬にかかった費用が現金で給付されます

被保険者が死亡したとき(埋葬料、埋葬費)

被保険者が死亡し、その遺族が埋葬を行った場合、一律50,000円が「埋葬料」として支給されます。埋葬料を受け取る遺族がいない場合は、会社の同僚や友人など、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲内でかかった費用の実費が「埋葬費」として支給されます。

被扶養者が死亡したとき(家族埋葬料)

被扶養者が死亡した場合は、「家族埋葬料」として、1人につき一律50,000円が支給されます。

埋葬料(費)の手続きは

「被保険者・家族 埋葬料(費)支給申請書」に、①死亡届(死亡診断書または死体検案書)の写し、②検視調書の写し、③埋葬許可証または火葬許可証の写しのいずれか1通を添えて、健保組合へ提出してください。
被保険者が健保組合資格喪失後、3カ月以内に死亡したときは、遺族に埋葬料が支給されます。明電健保に加入していない人が申請する場合は、死亡者との関係がわかる書類(戸籍謄本等)を添付します。遺族以外が埋葬費として申請する場合は、さらに①埋葬に要した費用の額に関する証拠書類、②埋葬費用の領収書の原本を添付してください。

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は総務・人事部門の担当者に提出してください。

退職者は健保に直接提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。