在宅医療を受けるとき

医師の指示に基づいて訪問看護ステーションから療養上の世話を受けた場合、「訪問看護療養費」が支給されます。

家庭での療養生活を助けます

働き盛りに脳卒中などで倒れた人や末期がんの人、難病や重度の障害がある人などは、病状が安定した状態で、医師が在宅での療養の世話や診療の補助が必要と認めた場合、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士などが家庭を訪問して看護・介護・リハビリテーションなどにあたります。

訪問看護のしくみ

40歳以上の人の場合には、病気の種類によっては介護保険が使えることがあります。