健康保険が使えないとき

健康保険で受けられない診療があります

健康保険を使った診療は病気やけがの治療を対象としています。そのため、病気やけがと認められないものには健康保険は使えません。また、病気やけがであっても、健康保険の目的からはずれる場合には、保険の適用を制限されることがあります。

健康保険が使えないとき

  1. 単なる疲労や倦怠

    (例外)疲労が続き、病気が疑われるような場合

  2. 美容を目的とした手術

    (例外)斜視などによって仕事に支障があるもの、先天性形態異常による健康障害

  3. シミ、アザなど先天性の皮膚の病気

    (例外)治療が可能で、治療を要する症状がある場合

  4. 研究中の高度医療

    (例外)厚生労働大臣の定める「評価療養」や「選定療養」を受ける場合(差額自己負担)

  5. 健康診断、人間ドック

    保険給付はありませんが、明電健保の条件を満たせば、保健事業としての補助が受けられます。

  6. 予防注射
  7. 正常な妊娠・分娩、経済的理由における人工妊娠中絶手術

    (例外)異常分娩、経済的理由以外の母体保護法に基づく人工妊娠中絶手術