立て替え払いをしたとき

やむをえず医療費を立て替えた場合、あとで健保組合から払い戻されることがあります。これを「療養費」といいます。

立て替えた分は現金で給付されます

病気やけがをしたときは、保険証を提示して保険診療を受けるのが原則です。しかし、交付手続き中で保険証を持っていなかった、急病で保険医でない医療機関にかつぎこまれた、などの例外の事態もあります。
こうしたときにはとりあえず医療費を全額立て替え払いし、あとで健保組合に「療養費・第二家族療養費支給申請書」と添付書類を提出して払い戻しを受けることになります。このような給付を「療養費(被扶養者の場合は第二家族療養費)」といいます。
ただし、これは健保組合が認めたときのみで、認められないと支給されません。

払い戻される療養費の額

療養費はかかった費用の全額が支給されるわけではありません。健康保険で認められている方法で治療したときの料金をもとに、自己負担分を差し引いた額が払い戻されます。

立て替え払いをしたあとで払い戻しがあるもの

医療の内容 払い戻し額 添付書類

治療用装具を装着したとき
(治療上必要なコルセット、ギブスを装着したとき)

基準額から自己負担分を引いた額 医師の意見書(同意書、作成指示書)の原本 領収書の原本(費用内訳がわかるもの)
生血の輸血を受けるとき、血液代が支給されます
一般的な輸血(保存血)は、保険証が使えるため申請不要
同上

領収書の原本

輸血証明書の原本

保険証を提示せず診療を受けたとき 保険診療を基準に査定した額から自己負担分を引いた額 領収書の原本
(診療内訳がわかるもの)

やむをえない事情で保険医療機関以外の医療機関で受診したとき

(急病で健康保険を扱っていない病院にかつぎこまれたときな)

同上 同上
海外で医療を受けたとき 保険診療相当額から自己負担分を引いた額 領収書の原本、診療内容明細書・領収明細書の原本、領収書・診療内容明細書の日本語訳(書類内の併記可)ほか
医師の指示による歩行困難な患者の緊急な入院・転院のときの移送費 基準料金(実費額を限度) 移送承認申請書(事前申請)、移送費請求書、移送者の領収書の原本

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は総務・人事部門の担当者に提出してください。

退職者は健保に直接提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。