医療費はこうして払われる

医療機関の窓口で支払うのは医療費の一部

被保険者であるみなさんや、被扶養者(家族)が病気やケガをしたときは、医療機関の窓口へ保険証を提出し、医療を受けてから医療費の一部に相当する自己負担額を支払います。

ところが、実際にかかる医療費は、それだけですむわけではありません。医療機関は残りの医療費(7〜9割)を、社会保険診療報酬支払基金(支払基金と略します)という機関を経て、健康保険組合に請求します。健康保険組合では、その請求書にまちがいがなければ、支払基金を通じて、医療機関に医療費の支払いをしているのです。

医療費支払いのしくみ

病気やけがをしたとき、私たちは医療機関の窓口へ保険証を提示して、医療費の一部を自己負担します。医療機関は残りの医療費を、支払機関を経て健保組合に請求します。健保組合では、その請求書(診療報酬請求明細書=レセプト)に間違いがないかを確認したうえで、再び支払機関を通じて、医療機関へ支払います。

医療費支払いのしくみ