休日・夜間診療などは高くつく

イラスト

診療時間外の受診には一定額の加算があります。やむをえないときを除き、控えましょう。診療時に聞き忘れたことを電話で問い合わせることも、再診扱いとなり有料です。

電話による医師への相談も有料

一度診てもらったあと、容態が気になって、医師に電話をして指示を求めるような場合も、再診の場合と同じ医療費が請求されます。

やむを得ないとき以外は、こうしたことも考慮して受診しましょう。

休日・深夜・時間外につく加算(初診)

病院・診療所 保険薬局
休日加算
日曜・祝日・年末年始
2,500円 調剤技術料が2.4倍
深夜加算
22時~6時
4,800円 調剤技術料が3倍
時間外加算
休日・深夜を除く、診療・開局時間外
850円 調剤技術料が2倍

時間内の加算にも注意

平日の夜間なども開業している診療所では、時間内でも18時(土曜日は12時)以降は、『夜間・早朝等加算』として500円*が加算されます。同様に、保険薬局では開局時間内であっても、19時(土曜日は13時)~8時の調剤には、『夜間・休日等加算』として400円が加算されます。

小学校入学~69歳では、上表金額の3割を窓口負担。

診療所とは、医師または歯科医師が医業または歯科医業を行う場所で、患者の収容施設を有しないもの、または患者19人以下の収容施設を有するものをいいます。これに対し、病院とは、患者20人以上の収容施設を有するものをいい、両者は基本料金(基本診療料)に違いがあります。