がん検診補助制度

初期のがんには自覚症状がありません

でも、早期に発見して治療をすれば、約9割が治ります。

症状が出る前に定期的にがん検診を受けるようにしましょう。

尚、一部がん検診は定期健診や人間ドックでも受診可能です。

今年度のがん検診の補助対象は以下のとおりです

種類 地方自治体のがん検診 1 地方自治体以外のがん検診
対象者 被保険者および被扶養者
検診内容 地方自治体が実施しているがん検診のうち下記(別表)のものおよび一般基本健診 下記(別表)参照
補助金額 1人
5,000円まで/年度(受診日4/1~3/31)
1人
5,000円まで/年度(受診日4/1~3/31)
申請方法

Web申請メニュー画面

添付書類

(注)領収書の原本(写し可)
②(一般基本健診の場合のみ)健診結果

(注)領収書の原本(写し可)
②検診内容が確認できる書類2

申請書提出先 明電健保 がん検診補助担当
申請締切日 毎月10日
補助金支払日 翌月または翌々月
【従業員とその家族】給与日3
【任継・特退】給与日-13
補助金支払方法 【従業員とその家族】給与に上乗せ
【任継・特退】明電健保に登録されている口座に振り込み

1 保険証を使った保険診療および定期健診の二次検査や、人間ドックは対象外

2 診療明細書等(領収書に、検診種類と検査方法が記載されている場合は不要)

3 毎月25日(休日にあたる場合は、前銀行営業日)

領収書

別表:補助対象になる検診

検診種類 検査方法 受診者年齢(2020.3.31時点)
(注)胃がん 胃部X線検査、胃カメラ 35歳以上
大腸がん 便潜血反応検査 35歳以上
肺がん 胸部X線検査 35歳以上
子宮がん 細胞診(子宮頸がんと子宮体がんの重複可) 20歳以上
乳がん 視触診、マンモグラフィ、超音波(エコー) 35歳以上
前立腺がん PSA検査 50歳以上

補助金は、上記(別表)の検査方法、対象年齢のみ

(注)平成30年度から「ABC検診(胃がんリスク検診)」は対象外となりました。

WEBによる申請はこちら

【申請手順】

以下の手順でWEB申請手続きを行えます。

  1. 申請受付画面でメールアドレス、パスワードなどを登録
    メールの受信制限をされている方はkenshin@meidensha-kenpo.or.jpからの受信を許可して
    ください。
  2. 申請画面URLの通知メールを受信
  3. メールに記載のURLより12時間以内に申請画面にアクセスし、申請情報を送信(領収書
    のデータを添付)
    ※給付が支給されるまでは必ず、申請に関わる領収書は保管しておいてください。
    ※申請内容に不明点等があるときは、健保から登録メールアドレスにご連絡差し上げることがあります。
  4. 翌月または、翌々月に補助金を給付(給与に上乗せ、もしくは明電健保に登録されている口座に振り込み)
    支給決定通知は、医療費通知(明電舎ポータル、もしくは郵送)で確認できます。
<!–

WEB申請メニュー画面

–>

※年度更新のため一時停止中