ABC検診(胃がんリスク検診)とはどんな検診ですか?

ABC検診は、2種類の血液検査(ピロリ菌とペプシノゲン値)によって「胃の健康度(胃がんになりやすいか否か)」を判定する新しい検診法です。「がんを見つける検査」ではありません。ABC検診を受けた後は、その結果判定に従って定期的に内視鏡検査を行い、早期に胃がんを発見することを目指します。

Posted in: けんぽ共同健診について