1年間の医療費が高額になったとき、税金の還付を受けられると聞きました。

所得税法によれば、一家で支払った医療費が年間100,000円(または年間所得金額の5%のいずれか少ないほう)を超えたときは、その超えた額(最高200万円)までを総所得金額から控除することが認められています。この医療費控除は、医療費などの領収書、給与の源泉徴収票、印鑑などを持参して、所轄の税務署に確定申告をすることで受けられます。
ただし健康保険組合から受けた給付が、確定申告における「保険金などで補填される金額」の種類にあてはまるとき(例:高額療養費)は、支払った医療費の合計から該当金額を差し引かなければいけません。
確定申告や医療費控除については、税務署等にお問い合わせください。

Posted in: 医療費について