医療費が高額になりそうです。窓口負担を軽くできますか?

「限度額適用認定証」の交付を受け、あらかじめ医療機関に提示することで、本来なら数か月後に支給される高額療養費のうち法定給付分を、窓口支払額と相殺して会計できます。認定証を提示しなかった場合は、これまでどおり、3~4か月後に高額療養費が支給されます(病院から明電健保に届く請求書により自動計算されますので、支給のための手続きは必要ありません)。

Posted in: 医療費について