別居している両親を被扶養者にできるのでしょうか?

別居していても、本人との生計維持関係が認められれば、被扶養者になります。健康保険の被扶養者の範囲は、被保険者の直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母等)、配偶者(事実上の婚姻関係と同様の事情にある場合を含みます。以下同じ)、子、孫、兄弟姉妹のほか、同一世帯にある3親等以内の親族です。したがって、別居していても、両親は被扶養者になることができます。ただし、生活費の半分以上を被保険者の仕送りなどによって、賄っているなど、被保険者がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしていなければなりません。なお、被扶養者の年収は130万円(60歳以上または障害厚生年金受給者は180万円)未満であることが必要です。毎月の送金額10万円以上、送金証明が必要となります。
また仕送りは、被保険者から別居している被扶養者に送金している事実が確認できる方法でお願いいたします。例えば銀行振り込みの場合は、被保険者名義の口座から被扶養者名義の口座への振り込みが必要です。手渡しや被保険者の口座のみでのお金の出し入れは、送金事実が確認できないため認めていません。

Posted in: 扶養認定について